あんみつガラス

受付時間:平日  9:00~18:00
     土曜  9:00~15:30(休業日:日曜・祝日)

ショールームOPEN!

㈱あけぼの通商

お気軽にお問合せください

0120-296-033

お役立ち情報

お役立ち情報

お役立ち情報

窓ガラスと台風

 台風が多い季節は…? 

 台風は一年中発生していますが、日本に来ることが増えるのは夏から秋にかけて。台風は、熱帯の海上で生まれた“熱帯低気圧”のうち、最大風速(10分間平均)がおよそ17.2m/s以上の強い勢力のものを指します。夏の台風は比較的ゆっくり進むのに対し、秋の台風は進むスピードが速いのが特徴的です。

窓ガラスはどの程度の風に耐えられる…?

 窓ガラスは意外と強く、風の力だけで割れることはほとんどありません。窓ガラスが割れる多くの原因は、強い風によって飛ばされてきた物(例:飲みかけのペットボトル,濡れた雑誌,傘,植木鉢,小石,など)が窓ガラスにぶつかるためです。

木の枝が折れたり、看板の落下、屋根瓦などが飛ぶといった「物が飛散する被害」が出始めるのは、平均風速20~25m/s(瞬間風速30m/s)以上。さらに平均風速が35m/s(瞬間風速50m/s)を超える猛烈な風になると、外装材が広い範囲で破れて飛散するなど、きわめて危険な状態になります

つまり、物が飛び始めるのが、風速20m/s以上ということ。風の中心付近の最大風速は17.2m/s以上という非常に強い風が吹きますから、「台風が来ている状況下では物が飛ぶ可能性がある」と思っていたほうがいいかもしれません。

 どんな対策をすればいい…?

 窓ガラスが割れてしまうと、室内は雨で濡れ、吹き込んでくる強風で物が飛び散るなど、大変なことになりかねません。台風にそなえて、窓が割れないようにする対策をしておきましょう。

まず、窓ガラスを割る大きな原因となっている「物の飛散」を防ぐことが大切です。家の外にある、ゴミ箱,物干し竿,傘,植木鉢,自転車など、風で飛ばされてきて窓に当たったら危険そうなものは家の中にしまい、重くて運べないものはロープで固定したりして、なるべく物が飛散しないよう対策をしましょう。

窓ガラスを「あんみつ耐熱強化ガラス」に交換する・今の窓ガラスの外側に「あんみつ雨戸」を取付けるのもかなり効果があります。窓のリフォームも大きなカギとなりそうですね。

台風は毎年やってきて、日本各地に大きな被害をもたらしています。いざというときに困らないよう、普段から備えておきましょう!

コールドドラフト現象

ちょこっと豆知識!

良くある、足元が寒いという現象。

実は外の冷たい空気が室内に入り込んでいるのではなく、外気で冷えた窓に室内の空気が急激に冷やされて発生した下降冷気なのです。これを防ぐには窓の断熱がもっとも効果的と言われています。もちろん「あんみつガラス」は断熱効果が優れているので、充分な効果を発揮できます。

耐熱強化ガラス

ちょこっと豆知識!②

<網入りガラスは意外にもろい⁉>

「うちの窓は網入りガラスだから防犯面での心配はないわ」と思っている方…大きな間違いです。

実は網入りガラスの「網」これはただの”針金”です。針金って意外と簡単に切れるんです…。そして網入りガラスの「ガラス」もただのガラスです。もちろんバール(工具)などで叩かれたら簡単に穴が開いてしまいます。穴さえ開けば、侵入盗はそこから手を入れて難なく鍵をあけてしまうのです。

しかし、消防法により定められている限り、防火地域にお住まいの方は網入りガラスを使うしかないのでは…?

いいえ、そんなことはありません。あんみつシリーズには「あんみつ耐熱強化ガラス」というものがあります。このガラスはもちろん防火地域にも取り付けられますし、金属バットで叩いてもバットが曲ってしまうほど強いガラスです。1枚ガラスの6倍以上・強化ガラスの2倍以上の強度があります。万が一割れても破片は粒状になり、触っても手を切らないようなとっても安全なガラスです。

弊社のショールームにも展示してありますのでぜひお越しください。

窓廻りのお掃除

ガラスのクリーニングは手ぎわ良く

ー窓のお掃除ー
あまり気の進まない窓のお掃除。どうせやるなら天気のいい日にと思いがちですが、それでは思いがけなく手間が掛かってしまいます。できれば湿気の多い明け方か、曇りの日にお掃除をしましょう。空気中の湿気が汚れを浮き立たせて簡単に落とせるのです。逆に強い日差しの晴れた日は、湿気も少なく、ガラスに光が反射して、汚れの箇所が見づらくなります。つまり早く起きた朝や曇り空の日は、絶好の窓拭き日和ということです。
ですがいくら窓拭き日和といっても汚れて見通しの悪い窓ガラスは、見ただけでお掃除が嫌になりますよね。

そんなときに役立つのが古い新聞紙です。丸めた新聞紙を水につけ、軽く絞ってガラスの汚れをふき取ります。あとは乾いた新聞紙でから拭きすれば、窓ガラスはピッカピカ!新聞紙のインクがガラスのつやを引き出して、汚れをつきにくくしてくれるのです。しかし、いくらきれいに見える窓でも良く見ると四隅にほこりや土のかたまりがたまっています。この汚れを放置しておくと落としにくくなってしまいます。でも大丈夫!このしつこい汚れには塩を使ってみましょう。布を水にぬらして塩をちょっとつけて気になる部分をこすります。すると、塩が研磨剤の役目をしてくれ、汚れも吸収してくれるので、力を入れなくてもきれいに落とすことができるのです。手が届かないところや拭きにくいところは、割り箸に布を巻いて塩をつけ、ごしごしとこすってみてください。汚れがしっかり取れますよ。

ー網戸のお掃除ー

網戸のクリーニングは雨の日を利用
しよう             

網戸を外すことが可能ならば、網戸掃除は恵みの雨に任せちゃいましょう。雨の日に網戸を外し、ベランダの手すりに立てかけておくだけで、雨が汚れを洗い落としてくれるので、見違えるほどきれいになります。あとは網戸をはめ込んで、お日様に乾かしてもらうだけです。ただし風の強い日や大雨の日は、網戸が飛んだり倒れたりする危険があるので避けるようにしましょう。
 

「うちの網戸は外せない!」「外すのが大変で面倒くさい」という方。網戸の掃除方法を調べるといろいろな掃除方法が載っていますよね。ですが結局何が一番簡単できれいになるのかわからない・・・と思います。網戸はほこりがとてもたまりやすい場所です。雑巾で拭くのももちろんいいのですが、まずはほこりを吸い取ってからにしましょう。片面に新聞紙を貼り、反対側から掃除機で吸い込みます。すると簡単にほこりが吸い取られていきます。ほこりが少なくなったらふきあげ作業です。でも上から下まで両手に雑巾を持ちふきあげるのはとても大変・・・。そんなときは霧吹きを用意しましょう。でもただの水ではなかなか落ちませんので、重曹水(お湯200cc:重曹小さじ1~2杯)を使います。網戸全体に霧吹きをし、しばらく待ちます。これだけでだいぶきれいになります。(室内側のみでいいので最後に雑巾できれいにふき取ってください)

窓廻りクリーニングと網戸手入れの結論

やはりいくら簡単といっても結構手間のかかる窓周りのお掃除。年に1度の大掃除のときだけでいいや~と思っている方も多いかと思いますが、1ヶ月に1度くらい、市販のクリーナーなどでさっと掃除をしていれば、年末の大掃除に簡単な掃除で済ませられるようになるかもしれませんね。もし時間があるときは、窓と網戸のお掃除をしてみてはいかがでしょうか?ピカピカの窓と網戸で快適な暮らしを手に入れましょう!

結露の発生を抑えるためには

よくお客様から「窓ガラスの結露で困っている」というお問合せが寄せられ、中には、「ペアガラスに交換すれば、完全に結露の発生が無くなる。」とお考えの方もいらっしゃいます。ご承知のとおり、結露の発生は、物理現象なので完全に抑えることは不可能なのですが、ちょっとしたお気遣いをしていただくことにより、低減させることは十分に可能です。では、結露を減らすには、どのようなことをしたら良いのでしょうか?

①湿気そのものの発生を減らすこと。
②マメに換気をして湿気をためないこと。 
日常の生活の中ではこれらの湿気の発生を 防ぐのはなかなか難しいですね。だから湿気をためない、換気をして湿気を室外へ追い出すことが大切なのです。キッチンやお風呂、居住部(暖房している部屋)で洗濯物を干す場合には、換気扇を回す、もし換気扇が無い場合には、窓を開けて空気をこまめに入れ替え、湿気を室外に逃がすようにしてください。

ガラスの製造について

板ガラスの基本的な製造工程:板ガラスの主な原料は、珪砂(けいしゃ)、ソーダ灰、石灰石など。さらに、研磨や切断といった製造工程でできる、ガラス屑(カレット)も、再処理・再利用されています。またガラスを着色する場合は、酸化ニッケルや酸化コバルトが加えられ、こうした原料を一定の割合で調合し、1600℃以上の溶解窯に入れて熱すると、澄みきった均質のガラス素地ができあがります。さらに製造する板ガラスの種類に適した方法で成型し、洗浄、乾燥、切断を行い、板ガラスが完成します。

完成した板ガラスは切断をします。まずカッターでガラスに切りキズを入れ、その部分に下から衝撃を与えます。するとガラスはキズに沿ってきれいに折れ、切断できます。ガラスは、一定の速度でラインの上を動いているので、カッターをななめに走らせることによって直角に切っている。またガラスの両端の部分は、搬送の跡がついているためカットされ、すべてコンピューター制御により、機械が行います。

ガラスの加工について

1次産業で製造された板ガラスは二次工場に搬送されて各種ガラス製品に加工されます。あんみつガラスは日本板硝子で製造・加工され製品になりますが製造過程における厳しいチェックをクリアした製品だけが出荷されております。品質最終チェックは20項目以上あり現場に携わる担当者は1品1品慎重に検査をしています。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

     フ ク ロ ウ  の  ミ ミ 

0120-296-033

受付 平日 9:00~18:00
   土曜 9:00~15:30(休業日:日・祝)

お見積りフォームでの見積り依頼は
24時間受け付けておりますのでお気軽にご依頼ください。

ごあいさつ

 

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。