あんみつガラス

受付時間:平日  9:00~18:00
     土曜  9:00~15:30(休業日:日曜・祝日)

ショールームOPEN!

㈱あけぼの通商

お気軽にお問合せください

0120-296-033

窓ガラスが結露しやすい理由

窓ガラスが結露しやすい理由

窓ガラスが結露しやすい理由

窓ガラスが結露しやすいのは「温度差」が大きいからです。窓ガラスの結露は、暖かい空気に含まれている室内の水蒸気と、外気で冷えた窓ガラスが接触して起こります。接する相互の温度差が大きいほど、結露の量も多くなります。つまり、結露が生じる要因は、外気と室内の温度差にあります。窓ガラスが結露しやすいのは、家の中で外気と室内の温度差を最も受けやすい場所だからです。また、近年では冷房機器の使用で室内の気温が低下し、外気と温度差ができるため、夏期でも結露することが多くなりました。

結露をそのまま放置しますと健康や住まいに影響が出ます。

寒い季節や梅雨時期は結露しやすくなりますね。毎日のように窓が濡れていると、掃除も大変だし、"水滴だから害はないのでは…"と放置されている方も少なくないのではないでしょうか?しかし、結露したガラスを放置しておくと・・・健康面・お住まいにおいても悪影響がでます。

結露によって発生する症状

①壁・カーテンなどに染みやカビが発生する。

湿度を好むダニが繁殖、それに伴いアトピーやぜんそくの発症につながる。

③柱や土台などの木材を腐食させ、住宅の寿命を縮めてしまう。 

結露は快適な住まいや生活を脅かす危険性を持っています。家族の健康や大切なマイホームを守るためにも、結露発生のメカニズムを知り結露防止対策することが大切です。

結露の発生を防ぐには

結露のつきにくいガラスを選ぶ

窓ガラスの結露を防ぐ方法は様々ありますが、断熱性能の高いペアガラスに取り替えるか、現在あるサッシの室内側に、もう一枚サッシを取付ける(二重サッシ)ことが一番です。ペアガラス・二重サッシには数多くの種類がありますが、商品の品質によっては、せっかく取付けたペアガラス・二重サッシに結露するケースもありますので商品の性能には十分考慮してください。

すべての季節に快適なお部屋を

我が家は結露で悩まない

あんみつガラス・あんみつツインは結露の悩みから生まれた商品です。窓ガラスの断熱化は10年ぐらい前から注目されて話題になっております。現在新築の窓ガラスは、ほぼ100%がペアガラスになっていますが既存住宅の窓ガラスは1枚ガラスが多く「結露」「寒さ」「暑さ」「騒音」「防犯」等でお悩みの方は増える一方です。四季を通じて快適なお部屋で過ごしていただくには、断熱効果の高いガラスに交換することからはじめてください。

結露対策ができる窓ガラス

あんみつガラス→戸建て住宅の方はコチラ

あんみつプレミアム→マンションの方はコチラ(戸建て住宅にも対応)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

     フ ク ロ ウ  の  ミ ミ 

0120-296-033

受付 平日 9:00~18:00
   土曜 9:00~15:30(休業日:日・祝)

お見積りフォームでの見積り依頼は
24時間受け付けておりますのでお気軽にご依頼ください。

ごあいさつ

 

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。