あんみつガラス

受付時間:平日  9:00~18:00
     土曜  9:00~15:30(休業日:日曜・祝日)

ショールームOPEN!

㈱あけぼの通商

お気軽にお問合せください

0120-296-033

ペアガラスのメリット

ペアガラスのメリット

ペアガラスのメリット

ペアガラスとはガラスとガラスの間に密閉された中間層をもち、光の透過性を保ちつつ、断熱効果を得られるガラスのことです。

一般的な断熱材と同じ原理を用いており、対流が起こらない状態の空気は断熱性能が高いという性質を利用しています。製品によっては断熱性能をさらに高めるため、中間層の幅を広げたりLow-Eガラスを仕様した商品やアルゴンガスを封入したものもあります。ペアガラスは主に2枚の板ガラスが使われていますが、最近では中間層にガラスを追加し、3枚の板ガラスで構成されているトリプルガラスの製品もあります。結露の防止・断熱効果に役立つため様々な分野で利用されています。

一般的なペアガラスの断熱効果は1.7倍。(1枚ガラスと比較)

中間層6mmには空気

日本では、省エネルギー性や居住性の向上のために、単板ガラスからペアガラスに切り替える需要が高まっています。単板ガラス用サッシをペアガラス用サッシに交換し、ペアガラスを利用するには多額の費用がかかります。ペアガラスの厚さは12mm(中間層6mm)なので、網戸や雨戸に干渉するケースが多いです。

1枚ガラスの熱貫流率6.0W/㎡・kに対し、ペアガラスの熱貫流率は3.4W/㎡・kなので断熱効果は1枚ガラスの約1.7倍となります。

※熱貫流率とは…1時間あたりにガラス1㎡を通過する熱量を表す単位で、数字が小さいほど断熱性に優れていることを表します。

 

あんみつガラスの断熱効果は4.0倍。(1枚ガラスと比較)

中間層10㎜にはアルゴンガスを封入

当社が日本板硝子に委託製造(OEM)のペアガラスで既存単板ガラス用サッシに高断熱(Low-E)ペアガラスを取り付けることを前提に製造されたアタッチメント付きペアガラス「あんみつガラス(ガラスユニットの厚み16mm(中間層(アルゴンガス封入)10mm)」を利用すれば、網戸や雨戸との干渉を避け断熱性の高いペアガラスを設置することができます。

1枚ガラスの熱貫流率6.0W/㎡・kに対し、あんみつガラスの熱貫流率は1.5W/㎡・kなので断熱効果は1枚ガラスの4倍となります。

※熱貫流率とは…1時間あたりにガラス1㎡を通過する熱量を表す単位で、数字が小さいほど断熱性に優れていることを表します。

あんみつガラスは網戸に干渉しない構造

ペアガラスの断熱性を高めるには中間層を10mm以上又、アルゴンガス・Low-Eガラスを仕様しなければ性能は上がりません。普通のペアガラスで10mm以上の中間層は、ほぼ100%網戸や雨戸に干渉してしまいますが「あんみつガラス」はオリジナルアタッチメントを仕様しているため網戸や雨戸に当たることがほとんどありません。

ガラス表面に発生する結露を防ぐ

空気は暖かくなるほど多くの水蒸気を含みますが、その空気が急に冷やされると、近くにある温度の低い物の表面に水滴となって付着します。窓ガラスが結露しやすいのは、冷たい外気の影響を受けて冷えやすいからです。つまり、室内の暖かい空気とガラスとの温度差が結露の最大の発生原因なのです。 

外気温が-25℃から結露が発生!

「あんみつガラス」は畳やカーテンを汚し、カビの原因になる窓ガラスの結露防止に威力を発揮します。室温20℃・湿度60%の部屋の場合、1枚ガラスでは外気温が8℃になると結露が発生しますが断熱性能の高い「あんみつガラス」では外気温が-25℃になるまで結露の発生をおさえます。     

※結露の発生する外気温度は、使用条件によって変化します。室内湿度が高い場合など、使用条件によっては「あんみつガラス」でも結露が生じることがあります。

優れた断熱効果

ペアガラスは窓ガラスの断熱性能を上げるため50年以上前から商品化されてきました。一般的なペアガラスは2枚のガラスと中間層を組み合わせたものがほとんどですが、より断熱の高いペアガラスになりますと特殊金属膜をコーティングを施した高断熱(Low-E)ガラスとアルゴンガスを組み合わせたものになります。(あんみつガラス)

4倍の断熱効果:1枚ガラスと比較

ガラスに特殊金属膜をコーティングし、ガラスとガラスの間の中空層にアルゴンガスを封入した「あんみつガラス」にすると、1枚ガラスと比べて断熱性能は約4倍になり、外気温の影響を受けにくくなります。夏も冬もお部屋は快適です。

夏は日射熱をカットし、冷房の効きを大変良くします。

冬は暖房の熱を室内に反射させるので、暖かさを逃がしません。

省エネ効果(節約・節電)

板硝子協会発行「住宅窓の断熱化の省エネルギー効果」による。算出時に必要な床面は、全国平均値(戸建131㎡)を使用     

外気や太陽の熱を遮断する効果と、室内温度を保つ効果を併せ持つ「あんみつガラス」なら、冷暖房が控えめでもお部屋は快適です。真冬でも暖房の温度設定を低めに設定したり、電力消費ピークの夏の昼間にエアコン使用を控えたり…といった"省エネ"も無理なくでき、その結果冷暖房費の削減にもつながって、地球にもお財布にもやさしい暮らしができるのです。また家全体の窓ガラスを[エコガラス]に取り替えた場合、年間25本のブナの木を植樹したのに等しいCO2削減の効果も期待できます。さらに、冷暖房費はなんと最大で9万円もお得になります(盛岡市)。

ガラス性能比較

結露の発生する外気温度比較

(条件:室内温度20℃ 室内湿度60% 戸外風速3.5m/S)

冬場は朝方の外気温が下がりますので1枚ガラスは、ほとんど結露してしまいます。

  室内から熱が逃げる割合比較

【断熱性能比較】  

(単位:%)

   1枚ガラスは、冬の暖房熱・熱の冷房熱がどんどん逃げていきます。

        

                熱貫流率比較

【熱が通過する熱量比較】

(単位:W/㎡・K)

断熱性能を表す単位です。1枚ガラス6.0÷あんみつガラス1.5=4.0倍も違います。

※数字が小さいほど断熱性が高いことを表します。

        

           紫外線カット率比較

【西日・紫外線のカット率比較】

  (単位:%)

外からの紫外線を100とした場合、あんみつガラスは89%も紫外線をカットしてくれます。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

     フ ク ロ ウ  の  ミ ミ 

0120-296-033

受付 平日 9:00~18:00
   土曜 9:00~15:30(休業日:日・祝)

お見積りフォームでの見積り依頼は
24時間受け付けておりますのでお気軽にご依頼ください。

ごあいさつ

 

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。